女性

平板載荷試験で安全を確認|依頼する業者探しが大事

土地の状態を調べる

工事

購入した土地の上の建物は、年月が経過するにつれて傾いていくことがあります。それを防ぐために役立てられているのが、業者による地盤調査のサービスです。不動産投資の注目が集まっていることで、地盤調査のサービスの人気が上がっています。

View Detail

建物の点検を業者に任せる

作業員

大きな建物は防火対象物点検が義務付けられています。専門の業者に防火対象物点検の代行を任せれば、人件費を削減できるメリットがあります。そして、防火対象物点検の業者は配慮が行き届いているので、依頼してしまえば安心です。

View Detail

簡単で安価

男の人

比較的簡単に確認可能

平板載荷試験とは、直接的に比較的容易に地耐力を確認することが可能です。支持地盤が深い場合、コンクリートやスチールのパイル杭を打ち、支持地盤に到達させ、鉛直力を伝達させる必要が生じます。ですが、支持地盤が浅い場合、杭等が必要なく、直接支持地盤に建物を置くことが可能となります。試験方法は、30cm程度の鉄板を支持地盤に直接置き、バックホウなどの重機でその鉄板に直接荷重を載せて様子を観察します。その地盤のめり込み量や周辺地盤の沈下量などをチェックし記録します。その相対変位量が、要求される地耐力を満たしていれば、直接の支持地盤として成立し、建物を直置きにすることが可能となります。その調査を現場において直接試験を実施し確認することを平板載荷試験と言います。

直接基礎であれば安価

上記で説明したように直接基礎が可能であれば、現場へわざわざ大きな杭打機やセメントプラントを持ってくることなく杭工事が不要となるので、工事費の削減縮小が可能となります。これが最大限のメリットです。また平板載荷試験では、近隣に対して大きな騒音が発生することなく、泥土のような産業廃棄物も発生しませんし、地中に異物を打ち込む必要がありませんので、環境に対して優しいです。建物建設予定地の表層地盤直下に、硬い支持地盤が存在すれば、液状化現象も発生せず、地震等に対しても非常に有利に働きます。平板載荷試験は、比較的軽い木造住宅のような建物を建てる時、またボーリングデータに基づく硬い地盤が表層直下にある場所で採用ケースが多くなります。

土地の質で土地を選択する

工事現場

土地選びをする時は地質調査の結果を把握してその土地が地震の際に揺れやすい土地かどうか把握する事や液状化現象のリスクを知った上で土地を選ぶ事は命や財産を守る事になります。また土地の周辺の環境についても注意して土地選びをするとよりリスクを回避できます。

View Detail