建物の点検を業者に任せる|平板載荷試験で安全を確認|依頼する業者探しが大事
男の人

平板載荷試験で安全を確認|依頼する業者探しが大事

建物の点検を業者に任せる

作業員

人件費を削減できる

火災が発生した時、大きな建物は損害範囲が広くなります。大きな建物は収容人数が多いので、火災範囲が広がってしまうのです。だから、一定以上の規模の建物は、定期的な点検が義務付けられています。それが火災に対する備えをチェックする防火対象物点検です。大きな建物を所有しているなら、必ず防火対象物点検を行うことになります。ですが、そのための人員を雇用すると、無駄な人件費が発生してしまうのです。だから、防火対象物点検は業者に任せるケースが増えています。防火対象物点検を依頼するだけなので、特別な準備が必要ありません。つまり、防火対象物点検のためのスタッフが不要になります。雇用主にとって人件費削減が達成できることは大きなメリットです。

配慮が行き届いている

防火対象物点検を請け負っている業者は、最初に対象の建物についてヒヤリングします。建物の規模によってサービス内容が変化するからです。そして、必要な情報が出揃った時点で、依頼主に見積もりを提出します。見積もりの提出までは、業者が支払いを要求することはありません。見積もりの内容に納得した依頼人は、業者へ正式な依頼を行います。正式な依頼が完了した時点で、業者は防火対象物点検の準備を進めます。そして、防火対象物点検の本番当日は、準備を整えた業者が現地へ向かうのです。依頼主側が忙しければ、特に立ち合いの必要はありません。次の防火対象物点検の時期が訪れたら、業者側から連絡をしてきます。以上の様に、極めて配慮が行き届いたサービス内容であることが特徴です。